読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の詩 「レッド・ツェッペリンに捧ぐ」

 ぼくが欲しいのは、便利な言葉じゃない
 必要な言葉だ
 ぼくの心が欲するもの
 それはただ必要な言葉だ

 言葉は旋律とともに現れる
 もしかしたら旋律のみでもいいかもしれない
 その旋律が言葉を蘇らせるから
 旋律が言葉を産み出すから
 
 もしかしたら旋律さえいらないかもしれない
 旋律を支えるリズム
 旋律を変えるリズム

 何もかもがリズムに還元される瞬間
 ぼくはぼくの精神に必要なものを獲得する

 音響を再生する装置の操作のみでそれが得られる
 なんとも手軽で、確実な方法